<   2006年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧

スペインを使っています

2日前からAOE3を再開しています。
現在スペインを使用中。いやー、つよいっすねぇ。

当初は微妙と言われていた文明ですが序盤の強さを生かすと非常に強い文明であることに気が付きました。戦術の基盤はnemukeさんのサイト(D-index)から。

スペインの強さは交易所にあります。War dogを使っての交易所争いの強さ、Ⅰの時代に2枚のカードを切れるなど交易所を手に入れやすいです。よってバヨウなどの交易所が無いマップではその強さが発揮されなかったりもしますが。

nemukeさんによると交易所1つで農民4人分の仕事量だそうです。交易所強化の研究で建設コストが木125になると、実質農民の4倍以上の価値(建設した時に50のXPをもらえるので)になります。つまり交易所を独占すれば(4つくらい?)内政力は相手より16人分ほど上回ると言うことになります。

軍的にはぱっとしない感じもしますがこの交易所ボーナスの差を生かして物量で押し込みます。この方法ならカード軍を出しながら散兵やDragoonなどを量産することができます。相手の即傭兵などにはこれで対抗するのが良いと思います。

しばらくやってないと操作を思い出すまでに結構かかりますね。10戦位したら大分なれてきましたが。昨日は3回に1回くらい日本人の方と当たりました。MoriとかKumaクランの人が多かったでしょうか。だいぶ増えてきましたね。

クイックだと強い人(勝率8割くらい?)と当たるのが5回に1回くらいな気がします。早いとこレート制の導入が待たれますね。
[PR]
by jinjin_jp | 2006-02-28 18:42 | コラム

パッチはまだかな?

最近少しばたばたしててAOE3をやっていませんが少しづつまたやって行こうかなと思っています。戦術もだいぶ定まってきてH2Hではドイツ即重戦主義や強化傭兵Rなどが強いですね。パッチが当たれば傭兵の使いどころが変わってくると思われるので、流行の戦術や文明がまた変わってきそうです。

パッチに向けてドイツ以外の文明をまた使ってみようかなと思っていますがどうしようかな。スペインとかフランスがまた強さを増してくるかもしれません。ロシアなんかも活躍できる場が増えるかな?オランダも面白そうですね。

とりあえずスペインをやってみたいなとか思っています。nemukeさんがためになるガイドを公開してくれてますしね。

先人の業績はとても大きいなと思います。
[PR]
by jinjin_jp | 2006-02-27 09:56 | コラム

第3回All-gamers.jp AOE3トーナメント

大会に出てきました。
結果とリプレイはこちらから。

一回戦で強豪Firdさんに負けました。簡単に反省点を挙げてみると、こちら、相手も文明はドイツ。即3で3入りはほぼ互角。Ⅲ入り後相手の散兵をつぶしに中心に突っ込む。しかしイェーガーを出されてあえなく後退。

教会XPの研究をしてウーラン、散兵を貯める。金をためてこちらもイェーガーカードを切ったあたりで相手のイェーガー+黒騎兵が攻めてくる。ここでイェーガーが出るまで待っていればよかったです。軍が少ないのにウーランを突っ込ませてしまい軍全滅。やられてしまいました。

もう少しひきつけて1分男と合わせて闘うのが良かったか。しかし即傭兵には少々分が悪かったかもしれません。大砲を出した方が良かったかもしれませんね。

大会はnemukeさんの2連覇で幕を閉じました。たまに練習として対戦をさせていただいてましたがその強さが証明されましたね。おめでとうございます。

流行の戦術は強いけれども、こういう大会とかでは人と一緒のことをしていたのではなかなか勝てません。トップレベルを目指すなら周りと違うことをしないと勝てないと思いました。
[PR]
by jinjin_jp | 2006-02-19 10:58 | コラム

ドイツの弱点?

nemukeさんとたまに対戦をしているのですがまだ勝った事はありません。
向こうは主にスペインを使っておられますが非常にドイツの戦術と相性が良い様に思います。

槍+大砲、これが強い。即Ⅲ教会XP、カード軍というドイツの戦術の場合これに勝てる気がしませんね。

ドイツはⅢ初期に大砲を出されるとかなり困る気がします。こちらは大砲カードがありませんし、唯一の特攻のウーランが死にやすいために、大砲を槍系ユニットで守られるとどうしようもありません。

スペインの新たな強さを感じると共にドイツの弱点発見。後々役に立つかもしれません。

大会ではnemukeさんとあたりませんように。
[PR]
by jinjin_jp | 2006-02-13 23:22 | コラム

AOE3はカードゲーム?

先日外人と対戦した時に
「German vs German is card game」
と言われました。どっちもカード軍しか出してなくてカードを出す順番が決め手になったゲームでしたが。

AOE3においてカードの価値が高いと言うのは前にも書きましたが、確かにカードの切りあいで終わるゲームも多い気がします。よって軍カードが充実している文明が有利になります。

町の人が少ないうちは小屋を建ててユニットを生産するのはコストが高い、またカード軍が非常に多くのユニットを出せると言うのがこのような事態を生み出しているんだと思うんですけどね。

まー、AOE3はこういうゲームだと割り切った上で、効率が良い戦術を考えると、Ⅱ、Ⅲはカード軍主体、Ⅳの時代以降で小屋を建てて物量戦、こういった流れが一番いいかなぁと思います。Ⅲの内政は基本的に金を中心に掘って、傭兵や大砲など量産しにくいユニットを生産します。小屋は基本的には立てなくても要塞一つで事は足りると思います。Ⅳ押してから小屋をたくさん建てて散兵などの物量ユニットを生産すればよいかなと。

よってⅢまでで相手と差がつくのは獲得XPの量だと思います。XPを稼ぐのに交易所をよく建てますが、同様に多くのXPを稼ぐ方法として戦闘によるXPの獲得があります。交易所をたくさん建てればXPは多く手に入りますが、それで進化が遅れて軍量で負けてしまうと戦闘XPで負けることになったりします。このバランスが難しいんですが、最近はⅢの時代初期に集中して攻めるのが結構重要だと思っています。
ドイツはカード軍が強いので早い段階で軍がそろうために強いんだと思います。

パッチでまた変わってくるかもしれませんけどね
[PR]
by jinjin_jp | 2006-02-12 17:09 | コラム

ドイツのカード「IVの時代」



a0065480_0424362.jpg



IVの時代もドイツは強いと思います。通常ユニットで使えそうなのは散兵とWar Wagonでしょうか。これらに傭兵やキャノン砲なんかを絡めるといいと思います。

*Heavy Cannon×2

強化ファルコネット砲。体力が高く射程も長いのでユニットへの攻撃、建物壊しにも使えます。歩兵を壁みたいにして後ろから射撃って言う形になるでしょう。使い方によってはかなり使えるカードだと思います。

*工場Wagonカード

工場の建設が可能になります。ドイツは2枚あります。資源生産にするかHeavy Cannonの生産にするかは各人の好みです。あるとないでは結構差ができるので余裕があれば建てておきたいものです。

*傭兵3種

金2000でそれぞれ傭兵をミックスした軍がもらえます。これまたどれを使うかは好みですが使いやすいのはマムルークがいるやつで、この軍は全員足が速いです。壁役にもなるので後ろから射程ユニットで攻撃させてこいつらを特攻させると良いと思います。黒騎兵なんかはIVでは手数が少ないので使いにくいと思います。

IVのカードは強いものがそろっています。傭兵カードで大きくリミットブレイクが可能なので人口を通常ユニットで増やしておいてから傭兵カードを使うと良いとおもいます。

2/12追加

*ハサー×13

bassaiさんからご紹介。タダでハサー13匹は美味しいです。資源にして2600ですからね。
即傭兵を切れないときにワンクッションとしてこいつを使ったらいいと思います。ちょっと試してみましたがなかなか使えます。
[PR]
by jinjin_jp | 2006-02-09 00:43 | コラム

ドイツのカード「Ⅲの時代」


a0065480_21352788.jpg


Ⅲの時代は最もドイツが力を発揮する時代だと思っています。特にカードが強いのがひとつの要因となっているでしょう。教会XPの研究を早期にすれば一気にカードを切ることができると思います。

*資源カード(1000)+ウーラン×3

Ⅲの時代の資源カードは進化よりも主に軍事や内政の拡大に使われることが多いと思います。特に食料の方は採集効率が高いのでわざわざカードで呼び出す価値は薄いかもしれません。特に価値が高いと思われる木と金について。

まず木は内政の拡大用だと思っています。1000あれば中心を立てれるし港を建設して漁船を出すもありです。もう木200足せば中心2つ立ちます。内政拡大専用のカードだと思っています。木はなかなかたまりにくいですからね。

金についてはⅢの時代は非常にたくさんの金を消費します。傭兵や大砲など金を使うユニットは非常に多いです。そこに金1000と言うのはかなり助けになるでしょう。ぜひ入れておきたいカードですね。Ⅳを急ぐときには進化用に使うのもありだと思います。

*散兵×9+ウーラン×3

資源価値(食料50+金65)×9で資源1035。これだけ見てもかなり価値の高いカードです。散兵を主軸にするのはⅢの基本なのでぜひ切りたいカードです。Ⅱで押されていてもこいつで一気に逆転可能です。長い射程を生かして弾き撃ちが上手くできるようにしましょう。

*WarWagonン×3+ウーラン×3

資源価値(食料150+金150)×3で資源900。ドイツのユニークユニットであるWarWagonは射程も長く、アンチが少ないユニットです。コストが高いのでカードで得られるのは大きいですね。能力的には傭兵並みなので大事に使いたいですね。馬が相手にいる場合に特に有効です。

*ウーラン×6+ウーラン×3

資源価値(食料50+金150)×6で資源900。Ⅲの時代のウーランは数あってなんぼなのでⅢの前半に特攻として使えます。相手が散兵中心だったら特に有効です。使い勝手も考えたら結構悪くないカードです。

*要塞Wagon+ウーラン×3

要塞を建てることができます。非常に硬い防衛拠点になりますのでⅢの時代に建てておきたいですね。建つまでは無防備なので無事に建つまでは油断できません。戦況を見ながらカードを切る必要があります。

*イェーガー×14

強化散兵。こいつを出すにはカード1枚+金1200が必要なので価値的には資源2200。一体あたり資源160程度のユニットです。コストと強さを考えると少し割安な感じがするかな?とにかく射程が長いので弾き撃ちを上手く使えば非常に強いユニットです。近接馬と大砲以外にはそうそう負けないでしょう。こいつらから守るユニットを護衛に使いたいですね。

*Landsknecht×11

強化槍兵。馬、建物に強い。体力も高いので近接戦闘には非常に強いです。足は遅いので射程ユニットがたくさんいる場合はむやみに突っ込むと無駄死にします。建物を壊すときに特に役立つ気がします。出すタイミングが重要ですね。

*黒騎兵×10

強化竜騎兵。射程ユニットで馬に対しては非常に強いです。足も早く使いやすいユニットですが大砲や散兵系ユニットには弱いです。足の速さを使えば機動力を生かした使い方ができると思います。うまく使いたいユニットですね。

*ハッカベル×9

強化ウーラン。攻撃力は非常に高いですがHPが他の傭兵に比べて少ないです。使いどころを間違うとあっという間に死にますし、うまく使えば非常に活躍してくれます。ドイツではウーランがたくさんもらえるのであえて出す必要は限られてくると思います。

*フリーゲート船×1+ウーラン×3

資源価値(木500+金500)で資源1000。資源価値的には高いです。海戦になったらぜひ出したいですね。1船だけでは手数が少ないので護衛を付けたいですね。


Ⅲの時代はカードが大きく勝敗を左右します。特にカードを切る順番などが重要になるでしょう。傭兵も使いどころが難しいです。色々研究してみてください。

追記(2/9)

いくつか使えそうなカードを教えていただいたので紹介しときます。

*傭兵パワーアップカード+ウーラン×3

傭兵のHP、攻撃力が15%アップします。nemukeさんの情報によると一部のユニットで攻撃力30%アップだそうです。傭兵を使うことが多いドイツでは有用かもしれません。ただ使いどころが難しそうですね。IVの時代で傭兵を使うなら是非使っておきたいカードです。強化ハッカベルは非常に強いそうです。パッチで傭兵が弱体化されるそうなので今とは使うタイミングが変わってくるかもしれませんね。

*Settler Wagon生産カード

畑でSettler Wagonの生産(木100、金100)が可能になります。畑が中心の役割をするわけです。食料も取れてお得です。ただSettler Wagonのコストが高いので序盤では使いにくいかなと思います。H2Hでは使う余裕がなさそうな気も。内政勝負になった時に力を発揮しそうです。
[PR]
by jinjin_jp | 2006-02-06 21:56 | コラム

ドイツのカード「Ⅱの時代」

a0065480_22294828.jpg


Ⅱの時代からは一気に使えるカードが増えます。主にⅡの時代で戦うか即3を狙うかでカードの切り方が変わってくるでしょう。使えると思うカードを紹介します。

*Settler Wagon×3+ウーラン×2

これはかなり価値の高いカードです。町の人6人分ですからね。食料600+仕事量が上乗せされますから。3分資源を取らせれば資源箱の分も取り返せます。
ただ使いどころが難しいカードです。即3で切るとⅢに入るのが遅れるだろうしⅡで戦うのに最初に切ると先手を取られやすいです。これをうまく使える進化があれば試したいですけどね。即Ⅲでこのカード使って7分台に入れる進化ができたら使えそうです。

*資源カード(700)+ウーラン×2

即3なら新化用、Ⅱの時代軍を出すなら軍用、または新化用でしょうか。実際町の人で回収する必要があるのでその仕事量分価値はマイナスです。実質600ちょっと位でしょうか。急いで資源がほしいときに便利、即Ⅲの時に金700を切るのは一般的になってますね。資源価値を考えると、量は同じでも食料<金<木の順で価値が高いです。うまく使いたいですね。

*CrossBowman×8+ウーラン×2

資源価値的には(食料20+木60)×8で640程度でしょうか。守りにも攻めにも使えるカードです。即3してて速攻を食らったときに1分男とこのカードで大概のラッシュに耐えることができます。すぐにこれだけ軍を出せるのが魅力です。

*ドッペルソルジャー×3+ウーラン×2

資源価値(食料75+金125)×3で資源600。最強の近接歩兵ですが足が遅いです。特に建物を壊すときに混ざってると一気に建物が壊れます。中心を追い詰めたときに出したいですね。

*ウーラン×5

ウーランボーナスが含まれてるのでそれを除くと資源価値(食料50+金100)×3で資源450。価値的にちょっといまいちな感じがします。別のカードでもウーランはもらえるし。直ちに軍隊がほしいとき、足も速いので速く前線に送ることができます。体力少ないので使いどころが難しいですが。

*家人口upカード+ウーラン×2


ドイツ固有のカードかな。家の人口が10→30人にアップします。上限200にするには中心と合わせて20個分の家が必要。これが7個でカバーできます。つまりこの場合家13個分(木1300)得になります。ただ序盤は資源も少ないので案外効果は薄いかもしれません。だんだん効果が実感できるカードです。結構使えると思っています。

*塔ワゴン×2カード+ウーラン×2


資源価値木250×2で資源500.速攻対策によく使われますが木の資源箱呼んで建てた方が建設XPもらえるので得かもしれません。

*原住民無料カード+ウーラン×2


無料で原住民がもらえます。もらえる数は原住民によって違います。ラコタ、マヤ、アステカあたりが原住民のときはまず必須だと思います。やらなきゃやられるって感じになってます。資源価値はマップによって違いますが資源400~1200位変動します。原住民が強いって言うかこのカードの価値が異常に高くなったりするので原住民マップは普通にやってちゃ勝てないわけです。

*軍艦カード(キャラベル船×2、ガレオン船×1)+ウーラン×2


共に価値は資源800。海マップでは重要なカードです。陸がおろそかにならないように。

ドイツは常にウーランがボーナス(Ⅱの時代では2体)もらえます。これだけで資源300の得です。この得したウーランをうまく使いたいですね。
[PR]
by jinjin_jp | 2006-02-05 23:09 | コラム

ドイツのカード「Ⅰの時代」

a0065480_23433148.jpg


しばらくドイツのカードについて書いてみようと思う。
他の文明でも参考になると思うのでカードを選ぶ参考にして下さい。

*Settler Wagon×2

Settler Wagonはsettlerの2倍の仕事量をこなす。よって町の人4人分の価値があるカードである。資源価値で考えると食料400+αであろうか。αは町の人は仕事をしてくれるので仕事をした分価値は上乗せされる。町の人はなかなか一気にに増やせないので貴重であり、できるだけ早い段階で出した方がより長く仕事をさせることができる。ちなみに理論的には農民四人分の仕事量は食料をとった場合5分でおおよそ1000の食料を集められる。これはかなり大きい。

*交易所パワーアップカード

Lv25以上でもらえるカード。交易所が半額になりHPが上がり攻撃できるようになる。
交易所を立てた分だけ特になる。交易所を2つ以上立てるような場合に非常に重要なカードになる。交易所は建てただけでXPを50もらえるので実際の建てるコストはかなり安くなる。

特に原住民マップでは必須のカードになる。相手もこのカードを使った場合早くから交易所の取り合いになるので注意しよう。

農民カードを切らない分進化は遅れ気味になる。普通マップで使う場合案外使いどころが難しい。交易所をとっても先に攻められるときつくなることも多い。よく考えて使おう。

スペインはⅠの時代で農民カードと両方切ることが可能である。これがスペインの強みだと思う。


経験上交易所カードは3つ以上交易所を建てないとあまり優位にならない感じがします。農民が少なくなる分と序盤はカード切り易いので交易所無くてもめちゃくちゃ不利になることはないと思います。効いてくるのは後半からでしょうか。たくさん交易所を建てたら交易所のテクをできるだけ速くアップしましょう。
[PR]
by jinjin_jp | 2006-02-04 00:06 | コラム

デッキ作りの基本

AOE3の面白い要素としてカードが挙げられるのはこれまでたくさん書いてきたと思う。
カードを使うにはデッキと言うカードリストみたいな物を作って、ゲーム中にその中からカードを選ぶことになる。つまりこのデッキの作り方次第で非常に多様な戦術を練ることができる。今回はこれについて書いてみる。

まずデッキを複数作れるのはご存知だろうか?実は私は100戦位するまでデッキを複数作れることを知らなかったw。初めてのときは結構わかりにくかったです。
デッキはホームシティの画面で作ることができる。デッキに名前をつけて自分が持っているカードから好きなカードを選んでデッキを作れる。1つのデッキに入れることができるカードは20枚まで。1ゲームで20枚全部使うようなことはめったに無いが場面場面で使うカードを選ぶのでできるだけいろんなカードう入れておくと便利である。

レベルが低く持っているカードが少ないうちは20枚なかなか埋まらないが、レベルが上がってくるとどのカードを入れるか結構迷うこともあるだろう。たくさんのカードから厳選してデッキに入れておきたい。

このためにまず重要なこと、それはまず絶対使わないようなカードを入れないことである。たとえばわかりやすい例として水の無いマップで船などのカードを入れても無駄である。
デッキが1つしかなかったときはよく海マップでも対応できるように常にデッキに船カードが入っていた。これはまず無駄である。

また1つの時代で使えるだろうというカードの枚数も決まっている。たとえば1の時代で使うカードの数はせいぜい1、2枚程度であろう。それ以上たくさん1の時代のカードを入れていても無駄だと思う。中心が強くなるなどの特殊カードは別として。

カードは時代が進むごとに価値が上がる。資源カードはもらえる資源量が増えるし、軍カードはもらえる軍の量が増える。軍ならばそれらを生産するために必要な資源量や生産時間などのことを考えてどのカードを選ぶかを決めたい。

戦術とカードの選び方を結びつけるのも大事である。たとえば即3をする場合2のカードは新化用のカードを入れておき3の時代のカードを中心にデッキを作るべきである。即Ⅲのメリット、それはより強いカードを選べることである。

1ゲームでカードを使える枚数は自分の戦跡をチェックしてもらって考えてもらいたい。10枚とかもう少しくらいだろうか。カードをたくさん使うとだんだん必要なXPが増えていってカードが使いづらくなる。だからできるだけ後の時代でカードを使うほうが価値は高い。かといって使うカードを節約していれば速攻などで一気につぶされてしまう可能性もある。ここは駆け引きとバランスを考えてもらいたい。

使えそうなカードの紹介はまた後日ってことで。
[PR]
by jinjin_jp | 2006-02-03 00:12 | コラム