<   2006年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ホットキーについて

Yukkeさんからお話を頂いたのでちょこっと書いてみようと思います。
ホットキーって言うのはキーボードを使って操作を短縮するというものです。いわゆるショートカットキーですね。強い人は自分独自の設定を編み出して使っているのだそうな。私は基本的にデフォルトのままでやるんですけどね。

AOE3は比較的使うショートカットキーは減ったような気がします。よく使うキーをあげてみます。

まず「T」と「V」。これは中心へ飛ぶのと町の人を生産するボタンです。暇があったらひたすら連打。町の人を止めないようにしたいですね。1枚目のカードを切るときには「H」でホームシティ画面に移動できます。ここでデッキの選択をします。これはマウスで文明の旗をクリックしても良いかもしれません。それから「F6」キーを押すと相手のレベルとデッキを確認することができます。相手の戦術も予想できるのでぜひ見ておきたいですね。

それからCtrl+数字キー(テンキーじゃない方)で自分の好きなユニットに番号を割り当てることができます。1回押しでそのユニット選択、2回押しでそのユニットに飛ぶことができます。結構ユニットを見失うことが多いのでいくつかセットしておきたいですね。私は探索者を「4」に設定して「1」「2」「3」にはユニットを割り当てるようにしています。「1」は足の速いユニット、「2」は射程系ユニット、「3」は砲撃といった感じでしょうか。基本はこんなもんです。後はマウスでやっています。

あと「/」キーや「.」、「,」など暇してるユニットや農民を見つけることもできます。これはたまに使うくらいでしょうか。まだあんまり慣れていないですね。

他に使える!ってキーがあったら教えてくださいな。
[PR]
by jinjin_jp | 2006-01-31 21:54 | コラム

AOE3の基本①~内政について~


とりあえず結構ここ見てくれている人も多いようなのでAOE3を始めた人達向けに内政の基本について書いてみようと思います。

AOEシリーズをやって来た方はご存知だと思いますが、このゲームは資源貯めて軍を出して相手を滅ぼすと言う一言で言えばわかりやすい内容になっています。資源を生産するのは農民や漁船などの生産ユニットであり、こいつらをいかに相手より早く多く作るかが大きなポイントでした。

これに加えてAOE3ではカードと言う概念が加わって、これがより大きな要素を持つようになりました。これがかなりの曲者で、カードをうまく使うことでゲームの優劣は大きく変わります。カードを使うには経験値を貯める必要があり、一定量経験値がたまるとカードを使えるようになります。よって経験値も資源とみなすことができます。

AOE3における資源は食料、木、金、そして経験値となります。経験値以外は農民(漁船は食料と金)が集めることができますが、経験値は交易所や戦闘を行うことによって、さらに研究や資源を貯めることでも増えていきます。これらを効率よく取る事で軍を出して相手を攻撃することができるわけです。

経験値についてはまた別に書くとして、今回は農民の生産について。
農民は町の中心で生産されます。町の人1つに付き1人づつしか生産できないので、できる限りエンドレスで生産する必要があります。ここで農民の資源の採集スピードを書いておきましょう。

資源箱 --> 8.00 資源/秒
家畜 --> 3.00 食料/秒
狩猟 --> 0.84 食料/秒
果実 --> 0.67 食料/秒
粉引き所 --> 0.67 食料/秒
森林 --> 0.5 木材/秒
鉱山 --> 0.6 コイン/秒
プランテーション --> 0.5 コイン/秒

これらを見ると食料が最も採集しやすい資源であり、木が最も採取しにくい資源と言うことがわかります。また、町の人の生産速度は25秒のため、6人程度食料を採集させれば資源がある限りエンドレスで町の人を生産できるようになります。軍を作りながら内政を進める際、最低食料は6人常に取らせて置くようにしましょう。中心1個増やしたら食料6人追加って感じで。これが内政の基本です。同じことは漁船にも言えますね。この辺は考えてみてください。

資源を貯めるのに比べて使うのは楽です。町の中心と違って軍関係の小屋では1度に5体一気に生産できるので、あまった資源は一気に消費できます。このためますます内政力というのは重要になるわけです。

それから経験値について、これが非常にゲームへの影響がでかいです。カード1枚の価値が非常に大きいですからね。経験値は交易所を指定の場所に立てると自動でもらえます。いろんなHP にも書いていますが交易所1つで農民3人分くらいの仕事価値があるそうです。初期に立てておけばずっと仕事をしてくれるのでこれはとても重要ですね。

カードは資源から軍、テクノロジーと様々な使い道があります。カードの価値としては1の時代で資源300、Ⅱの時代で資源700、Ⅲの時代で資源1000、Ⅳの時代で資源1600くらいの価値があると思います。よっていかに農民を増やしても、カード1枚で手に入れる資源量は一気に逆転したりします。だからこのカードをうまく使うことが重要になります。

それぞれ細かいカードやテクノロジーなどの考察はまたゆっくり書いていこうと思います。とりあえず今回のまとめとしては

・中心1個に付き最低食料6人割り当てて生産をエンドレスに。
・カードの使い方が勝敗を左右する

というのを頭に入れて置いてください。
[PR]
by jinjin_jp | 2006-01-30 23:16 | コラム

人口が

一気に増えましたね。
心待ちにしていた日本の人たちが一杯いたんですね。
盛り上がっていけば良いなと思います。

日本語版のマニュアルは見ていませんが、どうもしっかりした説明書がないのかなぁと思います。シングルとマルチではホームシティは別々とかユニットの詳細とかも結構調べないといけないことは多いと思います。質問があったら書き込んでいただければ私がわかる範囲でお答えしたいと思います。

とりあえずこのゲームを楽しむためにやるべきことを書いておこうと思います。
まずはとにかく知ることです。ユニットとかカードとか覚えることは盛りだくさんですが、ゲームをやれる環境にならないと話になりません。このゲームではESOというサーバーに接続して対戦をします。まずはアカウントを作って自分の町を作りましょう。アカウントは1つしか作れないらしいので慎重に。

チームなんかはチャットルームとかIRCなんかで募集があると思います。そこに書いてるゲームを探して入れば対戦可能です。また手っ取り早く相手を見つけたいときにはクイックサーチというのを利用するとよいと思います。初めのうちは同じくらいのレベルの人を勝手に探してくれるので問題なくゲームができるでしょう。

レベルが上がったらカードを選ぶことができます。これでデッキというのを作ります。デッキは複数作ることができ、最初にカードを使う時にデッキを選べます。戦術で分けたりマップで分けたり自分の思いのままにカードデッキを作れるのが面白い点ですね。ここはこだわってほしいと思います。

ユニットのデータについてはAll gamers.jpにデータベースがあります。ハードのトラブルやよくある質問なんかもあるのでよくチェックしとくと良いと思います。

また気が付いたら書きます。質問なんかあったらコメントしてくださいな。
[PR]
by jinjin_jp | 2006-01-29 23:16 | コラム

ドイツが強い時間帯について

AOE3日本語版が発売されたようですね。
これを期にIRCやESOでも盛り上がればよいですね。

今日はドイツの強い時間帯について。
ここ最近ドイツを主に使っていて強い時間帯、弱い点などを挙げてみようと思います。

強い時間を上げる前に、どの時間帯も強いって言う文明は無いと思います。どの文明にしても強い時間帯っていうのはあって、弱い時間帯も存在します。ただ弱すぎるとか強すぎる時間帯ってのもあるかもしれませんけど。

ドイツに関して言えば内政ボーナスと言うのはほとんど無いと思います。町の人も普通だし馬車も数が限られてしまいますし交易所にアドバンテージがあるわけではない。Ⅱの時代で軍を出す場合、最も他の文明と差が付くのは無料ウーランでしょう。ウーランは資源150も使うユニットなのでカードを使った場合相手よりも実質多く資源を貰っていることになります。その分うまくウーランを使えれば相手と大きな差が付きます。ただウーランはHPが低いので死ぬときはあっという間に死にます。使い方は難しいかもしれませんね。

即3をする場合、ドイツは最も力を発揮するように思います。進化中もカードを2枚は切れるのでウーランを4体ほど得ることができます。他の文明は同じことをやっても軍は出せません。4体の馬はⅢ進化中に有効に使いたいですね。狙うのは孤立した農民や探索者です。常に動かして相手の隙を狙いましょう。

Ⅲに入ったら散兵を得ることが多いと思います。相手も即3なら散兵+ウーラン4で積極的に前に出てみましょう。相手も散兵の場合ウーランがいれば相手散兵を簡単に倒すことができます。このⅢの時代初期がドイツの強い時間だと思います。即傭兵もありですし内政重視するのもありだと思います。基本は強い軍隊で攻めながら内政を拡大することでしょうか。

とにかくカードを切ればウーランがもらえます。普通にカードを使っていれば20近くのウーランを無料でもらえるでしょう。これはそのまま他の文明とのアドバンテージとなります。つまりこいつらをどれだけうまく使えるかがポイントになりますね。

よってⅢの時代に守りに入って内政勝負をするとドイツはそれほど強くありません。いかに強い軍でせめてアドバンテージを取るかが鍵です。3でどれだけやれるかが勝負でしょう。

Ⅳの時代は強力な傭兵カードが充実しています。こいつらを中心にWAR Wagonや散兵で押し込んでいきましょう。隙はほとんど無いと思います。

まとめると結構全般に強いです。特に強いのはⅢの時代初期とⅣの時代でしょうか。Ⅲの時代上手く守られて内政勝負する状況になったら不利かもしれません。積極的に攻めることが大事ですね。
[PR]
by jinjin_jp | 2006-01-27 23:27 | コラム

即3が一般的になっていますが

戦術もだいぶ確立されて定石というのが定まってきましたね。
チーム戦は経験が浅いので定石というのは詳しく知りませんがH2Hにおいてはだいぶ即3というのが一般的になってきました。このためメインの戦いはⅢの時代に行われることが多く、Ⅳの時代に進むことも多くなりました。

即3についての意見は色々あると思いますが、勝負がⅢの時代で明暗を分けるというのは私は良い傾向だと思います。なぜならⅢの時代では様々な軍隊を生産でき、また内政に関しても中心の増設や要塞のカードなど戦術が幅広く使えるために、駆け引きの楽しみが増すからです。
もちろん2の時代で軍を出し合うのも面白いのですが、いかに大量の軍をそろえるかということに戦術が絞られてしまうために、Ⅲの時代にはいるころには大体勝負がついている場合が多くなってしまいます。

昔AOKをやってたころも初めは3つ目の時代を目指すのが定石でした。しかしそのうちに2の時代で軍を出した方が強いということになり、みんな同じような軍編成、同じような進化をするようになりました。その結果勝負は3つ目の時代に入ることには決まっていることが多く、進化とか内政の楽しみが減ってしまったように思います。

こういう点で即3への戦術の流れというのは決して悪いことではないと思っています。傭兵が強すぎるとの話もありますがそういう1発逆転的要素があってもいいと思います。文明によって使いやすさはあると思いますけれど。

もちろんいつも即Ⅲをやっていればいいってわけではないと思います。マップや文明によって戦術は色々変えていくのが大事です。それがこのゲームの面白いところであり、工夫していくところだと思います。時代は5つもあるんだからそれを十分楽しめるようにバランスを考えていくといいと思いますね。

AOMとかRONではどういう感じだったんでしょうね。もし教えてくれる人などいればコメントしてくれるとうれしいです。
[PR]
by jinjin_jp | 2006-01-26 14:30 | コラム

大会2日目

all-gamers主催の大会の2日目。
どこまで行けるかな。今日は準決勝と決勝です。

トーナメント表

準決勝
相手:Mori_ika さん(トルコ)
MAP:パタゴニア
戦評:相手は苦手のトルコ。速攻来るだろうなぁと思っててどうやって対処しようかと考えてました。結局Ⅱで戦うのは得策じゃないと考えて即3を狙うことに。進化積荷は食料500でボタン押し。速攻されてⅢ押せないようでは勝ち目が無いですからね。相手の初弾はイェニチュリでした。とりあえず農民非難させて仕事できる農民を作業させる。1分男で時間稼ぎをして3rd積荷に弓を呼んで速攻を返す。ここで勝負は決まりましたね。あとは内政重視で押し切りました。上手く返せたと思います。

決勝
相手:nemukeさん(オランダ)
MAP:yukatan
戦評:決勝は相手オランダでした。強いオランダとはあまりやったことが無いのでどう行こうか迷いましたが即3で行くことに。途中無理に財宝を取ろうとして向こうに見つかってしまい探索者と財宝を失っています。これが結構痛かったですね。
内政を中心に進めていましたが相手の散兵の使い方が上手かったですね。あと強化ロデレロに結構やられてしまい小さな差が大きくなってしまった感じです。散兵とオランダ馬にじりじりと押されて大砲がたくさん出てきて投了。軍を優先してやるべきだったか。それから城を立てる位置をもっと前にしたかったです。これも強かロデレロに見つかったと思ったので自陣近くに立ててしまいましたが。H2Hはシビアですね。

ともあれ準優勝。緊張感があって楽しめました。次ももし機会があれば参加したいなと思います。
[PR]
by jinjin_jp | 2006-01-22 23:54 | コラム

大会一日目


今日はall-gamers主催の大会1日目。
こういう大会っていっつも緊張してしまってだめなんですよね。緊張感があって楽しいんですけどね。
いつもはビールや焼酎なんかを飲んでゲームをするんですが今日は我慢してシラフで望みました。

まずトーナメント表がこちら

トーナメント表

シードの扱いがすごいですね。3回戦から登場です。順番に戦評を書いていきます。リプレイは掲示板のほうからどうぞ。ちなみに私の文明はドイツです。

1回戦
相手:Lenさん
体調不良だったらしく不戦勝。前の外国の大会も不戦勝だったな・・。

2回戦
相手:Rackesis さん(フランス)
MAP:bayou
戦評:交易所の無いbayou。即3はやりやすいマップなので迷わず即3で行くことに。序盤財宝がたくさん見つかって有利と思ってさらに探してたらRackesis さんが必死にわにと戦っている姿を発見。宝の横に探索者を居座っておいて頂いてしまいました。木225も。思えばこれが後に響いたなと思います。
相手も即3で内政勝負に。途中相手砲撃兵器に負けそうになりますがこっちも砲撃出して耐える。早めに中心を立てておいたのが良かったか、内政差が付いていたので4の時代に入って傭兵を出して勝ち。一気にいける傭兵の強さがいいですね。

3回戦
相手:aiyuiさん(フランス)
MAP:New England
戦評:ほぼ連戦でかなりきつかったです。
今回も即3で行くことに。交易所1個立てて金700を呼び出す。ウーランであいて探索者を発見。これができるのがドイツがいいところですね。先に3の時代に入り散兵を殺せたのが大きかったです。城を前線に建てて内政をメインにやっていく。どうも守りに入られていた感じなので交易所を増やして4の時代を目指す。海も取れたのでかなり内政差がつきましたね。


と言うことで無事にベスト4まで勝ち上がりました。明日準決勝と決勝です。どこまでいけるかな。がんばります。
[PR]
by jinjin_jp | 2006-01-21 23:10 | コラム

ウーランの使い方

All-gamers.jpの大会が明日になりました。
今日トーナメントが決まったようですね。行けるとこまでがんばってみようと思います。

今回はウーランの使い方について。
ドイツでは積荷を得るたびにウーランが2,3対付いてきます。ウーランの資源は食料50、金100とかなり高価なユニットです。しかしこの割に体力が低く使いにくいというのが感想ではあります。攻撃力は高くてもすぐ死んじゃったら相手に近づく前に何もできずに死んでしまいます。ということでこいつの使い方について。

といっても私もあんまり明確な答えがあるわけではないのですがとりあえず思うことを書いてみます。

とりあえずウーランカードはデッキには必要ないと思います。自動でもらえますし他のユニットを貰った方が何かと扱い易いと思います。で、積荷でたまったウーランですが相手の郡に正面から突っ込むのは無謀な感じがしますね。まずはじめは射程系ユニットでけん制してウーランは後ろで待機、ある程度数が減ったとこで突っ込むのが良作かなと思います。相手が散兵なんかであれば結構ばったばったと倒してくれますからね。

守りが堅くて正面からいけないときはウーランの機動力を生かして農民狩りをしたいですね。このときあまり深く相手陣地に入ると危険です。対馬系ユニットがいると瞬殺されてしまいますから。狙うは2nd金鉱やきこり場でしょうか。無理はなさらず。

後は相手の砲撃兵器つぶしとかに使えるでしょうか。正面から行くとたどり着けないと思うのでうまく操作して後ろから突っ込むと良いかもしれません。難しいですけど。

2の時代に貰った積荷で出るウーランは相手の探索者を探して殺せればもうけものですね。しっかり索敵をしましょう。
[PR]
by jinjin_jp | 2006-01-20 23:45 | コラム

ちょっとばかし

新しいバランス修正パッチはいつあたるんでしょうか?
またパッチがあたったら人気文明や戦術も変わってきそうですね。

それはそうとこれから少し忙しくなりそうです。1ヶ月ほどAOE3休もうと思います。リプレイくらいはチェックするようにしようと思いますが。

また改めて戻ってきたときはよろしくお願いします。
[PR]
by jinjin_jp | 2006-01-03 22:17 | About this HomePage