<   2005年 11月 ( 17 )   > この月の画像一覧

傭兵のコストパフォーマンス

今回は傭兵のコストパフォーマンスを考えてみる。
Ⅲの時代で傭兵を作るにはカード1枚+金1200が必要である。
Ⅲの時代のカード1枚の価値はおおよそ資源1000程度なので傭兵カードは資源にして2200程度の価値があることになる。これを基準にして傭兵それぞれ一体辺りの価値を考えることができる。

私は最近ドイツとフランスを主に使っているので主に使う傭兵としてBlack riderとJaegerがあるがこれらはフランスでそれぞれ8体、12体与えられる(ドイツでは10体、14体だったか)。と、考えるとフランスにおけるBlack riderとJaegerの1体当たりの価値はそれぞれ資源275、資源183.33・・となる(ドイツでは220、157)。

フランス馬(Cuirassier)のコストが食料150+金150=資源300である。もしBlack riderとCuirassierが騎兵小屋で両方生産できたら私はBlack riderを作る。これはBlack riderのコストパフォーマンスが高いからである。同じように他の傭兵でも考えることができ、一般ユニットと比較すればよりコストパフォーマンスの高い軍隊を作ることができると思う。
[PR]
by jinjin_jp | 2005-11-30 12:53 | コラム

カードの価値を考える

カードは内政から軍事まで様々な種類がある。
これらを組み合わせて戦いを有利にしたいものだがよくよく見てみるとカードの中にも価値の高いもの、低いものがある。

わかりやすいのは軍隊カードでレベルが上がるとより多くの軍隊を得ることができる。デッキに入れるときはより多くの軍隊を得られるカードを選びたい。

ここでカードを資源に換算して考えてみよう。たとえばCrossbowman8体なら食料20+木60=資源80これが8体なので資源640の価値である。これは建物カードやテクノロジーカードでも同じことが言える。塔2本を建てるのは木500必要なので塔カードは資源500の価値である。これなら箱木600カードを切ったほうが価値が高かったりする(色々応用も効く)。

こう考えていくと価値の高いカードと言うのがだいぶ見えてくる。できるだけ価値の高いカードを選ぶのが勝利への近道だと思う。
[PR]
by jinjin_jp | 2005-11-30 00:11 | コラム

デッキについて

最近知ったのですがデッキはゲームごとに選ぶことができるんですね。
陸用とか海用デッキを作っておけばその都度デッキを選択することが可能です。
陸マップで海カードを持っていてもしょうがないのでその分別のカードを持っていた方が良いです。

はじめのカードを選ぶときに写真のような選択画面が出ます。
マップに合わせたデッキを作りたいですね
a0065480_2273866.jpg

[PR]
by jinjin_jp | 2005-11-28 22:06 | 小技・ミニ知識など

1ヶ月で300戦

早いものでそろそろ300ゲームをこなしたことになる.
ESOに入ったのが1ヶ月前なので単純計算でも1日10ゲームはしていることになる。
やりすぎだな(汗

とりあえず今のところ勝率7割~8割程度のところをうろうろしているが、とりあえずここまでを振り返ってみようと思う。

まず初めに文明をどこを使おうかを迷う。ユニットデータなどを見て馬が強そうなフランスで始めることにする。まず進化が良く分からない。外国サイトなどでリプレイなどを見ながら色々試してみる。

このころからトルコ使いに当たると序盤にどうしようもないラッシュをされてゲームが速攻で終わることが多かった。速攻対策を考えるためにもとりあえずトルコを練習することにする。

トルコはかなり癖のある文明なので進化や軍編成なんかを色々と考えてみる。イェニチェリが中心となっていた時にAbus-ganばっかり出してると外人から「You are funny」と言われたりした。今ではメインユニットの一つになっているが。

トルコを使っていて後半になるほど辛くなってくるに気が付く。また、相手もトルコだった場合、速攻のし合いになっていまいち軍のバリエーションに乏しくなってくるなぁと思って他の文明も使ってみようと色々使うことにする。

とりあえず全部の文明を使ってみようと思い、スペインから順番にやってみることに。負けたら次の文明という感じで一通りやってみる。やっていくうちにテクノロジーとか傭兵とかの存在を知るようになる。ブラックライダーをはじめて見た時の衝撃は大きかったですw。

100戦ほどやってある程度テクノロジーやユニットなどが頭に入ってくる。やはりトルコの速攻が強く、トルコ相手には良く負けていた。

200戦くらいまではカードを色々見直すことによって徐々に勝率も上がっていった。

ここから先はドイツをメインに使うようになる。傭兵をメインに据えた即Ⅲをやるようになってからほとんど負けることが無くなった。現在はカード主体の軍とファルコネットを中心とした編成で戦略を考えている。

こんな感じです。
[PR]
by jinjin_jp | 2005-11-25 18:44 | コラム

市場を立てるタイミングについて

序盤の木の使い道は結構考えさせられるものがある。
初期資源はマップによってランダムであり、木は100~400くらいでばらばらである。
家を1つ立てる必要があるとして木が余ったとき市場を立てる人が多いと思う。果たしてこれは得であろうか。

市場では食料、木、金のテクノロジーアップができる。これらは町の人の作業効率が10~30%程度アップすると言うものである。はじめのテクノロジーで10%効率が上がる場合10の仕事が11になるということである。つまり待ちの人10人の仕事量が11人分になるということである。

序盤の町の人がまだ少ない状況で市場のコスト+テクノロジーのコストを費やしてまでテクアップをするべきだろうか?町の人1人生産するのに食料100が必要であり市場テクアップをするのに木100+テクのコストである。これなら初期の木を交易所や塔などに回した方が良いと思う。

テクノロジーアップは街の人が多いほど効果は大きい。作業をする人が多くなるほどテクノロジーアップの効果は大きくなる。逆に2,3人で金を掘っているのにテクノロジーアップをしても大して効果は無いだろう。

人の生産に時間がかかる分この理論には若干ずれがあると思うが、町の人が少ないうちはテクアップを急ぐ必要は無いと思う・・のだがいかがであろうか?
[PR]
by jinjin_jp | 2005-11-24 00:22 | コラム

ユニットの回復

AOE3のユニットの回復は聖職者を使って行うことができる。
ただ聖職者を作るために教会を作るのはコスト的に結構高い(トルコなどで研究をする必要があるなら別)。

カードでSurgeonというユニットがいるがこれも回復ユニットである。
これをうまく使えば常にHPを保ったまま戦闘をすることができる。

特に傭兵などの高価なユニットは大切に使いたいものだ。3の時代初期の荒らしの後に回復を繰り返せばユニットを失うことなくヒットアンドアウェイが可能である。

船ユニットの回復は港で行える。傷ついたユニットをクリックして港に持っていけばちょっとづつであるがユニットは回復する。海戦をする場合には近くに港を立てておきたいものだ。
[PR]
by jinjin_jp | 2005-11-23 12:07 | 小技・ミニ知識など

積荷の供給場所

a0065480_23574584.jpg


このアイコンを見たことがあるだろうか。
町の中心や塔、城などをクリックしたときに現れるアイコンである。

これは積荷の供給先を設定するアイコンであり、これを設定することによっていろんなところに積荷を供給することができる。

海マップなどではまず敵陣に上陸してから塔を建てると直接カードで作った軍隊を相手陣地に送ることができる。これはかなり便利である。使い方次第でいろんな使い方があると思う。

資源などもここに送られてしまうので間違えて人がいないところに資源が行かないように注意したい。
[PR]
by jinjin_jp | 2005-11-23 00:04 | 小技・ミニ知識など

AOE3における資源

AOE3では4つの資源が存在する。
食料、木、金そしてXP(経験値)である。

食料は動物や畑、木は森から、金は金鉱またはプランテーションから手に入れることができる。いずれも町の人を使って採取するものである。

そしてXPのいう資源。これはカードと言う形で使用することができる。XPはそのゲームでのユニットの生産や戦闘、交易などで稼ぐことができる。

対戦をする上で他の人に差をつけられる部分はどこか?食料、木、金は町の人の数&能力で採集能力が決まるので、町の中心、港、そして内政テクノロジーで能力は向上する。ただしこのあたりのノウハウはかなり調べされ尽くされている感があり、大きな差はつきにくい。

さて、私が思う最もゲーム中で差が付く部分はXPという資源であると思う。これを貯めて得ることができるカードは1枚あたり資源にして1000程度の価値がある(次代によって勝ちも変わってくるが)。これをいかにゲーム中にたくさん使えるかが相手に差をつけるポイントになる。この資源を軽く見ている人も多いのではないだろうか。

このXPを得るための内政を考えてみるのも面白い。早い段階で交易所を作り軍隊の大半をカードで生産する。戦士小屋を作らずに交易所や塔などに資源を回し守りを固める。やってみるとこの戦術はなかなか強い。これをやり始めてからはほとんど負けていない。
[PR]
by jinjin_jp | 2005-11-22 11:51 | コラム

水マップでの戦術

AmazoniaやCaribbeanと言った陸続きではないマップ(移動に船が必要)では陸マップとは違う戦術が要求されます。特に重要なのは海の制圧であり、釣り船や軍艦を大量に出すことになると思います。

2の時代初期に船で相手陣地へ農民を送り、小屋を作ると言うのも良いですが、派遣に時間がかかる分対応が楽です。失敗したら挽回は難しいでしょう。

2の時代ボタンを押したらほとんどの農民を木の調達に回して食料は船で確保(5,6隻ほどの釣り船で農民は回る)2の時代に入ったら軍艦をしっかり出すことが重要だと思います。

AOE3では軍艦には作成限界があるので使い方が難しいです。通常のCaravel船に加えてPrivateerという傭兵船を加えて早いうちに数をそろえれば有利に戦えると思います。

海戦をする場合カードの選択が重要です。最低Caravel船2隻と、Privateerカードはデッキに入れておきたいですね。さらに見落としがちなのが船テクノロジーの研究です。港で研究できるHPと攻撃力アップの研究はぜひともしておきたいところですね。

海を取っていれば大量の資源の獲得、海路の確保が可能になります。4の時代にはMonitorという射程100の反則的な船を出せます。海からこれで攻撃されるとはっきり言ってどうしようもありません。海マップは海を制圧してMonitorを出すことを目標に戦えばよいのではないでしょうか。

参考リプをアップしておきます
[PR]
by jinjin_jp | 2005-11-21 11:18 | コラム

動物の狩り方

食料資源である動物(鹿とか)は町の人で攻撃すると移動してしまいます。
むやみにバンバン攻撃しているとどんどん中心から遠くに行ってしまい町の人が歩く分ロスになってしまいます。

ここで攻撃した方向に動物は移動するという習性があるので、動物を狩るときは中心に向かって動物を撃つようにすれば中心の近くに動物は動いてくれます。こうすれば歩くロスが稼げます。かなり遠くに動物がいてもこれを繰り返していればずいぶん中心近くまでひきつけることができます。AOCのころのイノシシ狩りのイメージでしょうか。

一定時間たたないと動物は移動してくれないので時々狩りをしている農民で撃ってやれば良いと思います。

それから動物が遠くてイチゴが近くにあるようなマップでは初めからイチゴを採っても案外進化はできます。採集速度は動物の方が速いですが歩くロスを考えると逆転することも。

これも判断力ですね。
[PR]
by jinjin_jp | 2005-11-18 13:52 | 小技・ミニ知識など