カテゴリ:コラム( 36 )

ウーランの使い方

All-gamers.jpの大会が明日になりました。
今日トーナメントが決まったようですね。行けるとこまでがんばってみようと思います。

今回はウーランの使い方について。
ドイツでは積荷を得るたびにウーランが2,3対付いてきます。ウーランの資源は食料50、金100とかなり高価なユニットです。しかしこの割に体力が低く使いにくいというのが感想ではあります。攻撃力は高くてもすぐ死んじゃったら相手に近づく前に何もできずに死んでしまいます。ということでこいつの使い方について。

といっても私もあんまり明確な答えがあるわけではないのですがとりあえず思うことを書いてみます。

とりあえずウーランカードはデッキには必要ないと思います。自動でもらえますし他のユニットを貰った方が何かと扱い易いと思います。で、積荷でたまったウーランですが相手の郡に正面から突っ込むのは無謀な感じがしますね。まずはじめは射程系ユニットでけん制してウーランは後ろで待機、ある程度数が減ったとこで突っ込むのが良作かなと思います。相手が散兵なんかであれば結構ばったばったと倒してくれますからね。

守りが堅くて正面からいけないときはウーランの機動力を生かして農民狩りをしたいですね。このときあまり深く相手陣地に入ると危険です。対馬系ユニットがいると瞬殺されてしまいますから。狙うは2nd金鉱やきこり場でしょうか。無理はなさらず。

後は相手の砲撃兵器つぶしとかに使えるでしょうか。正面から行くとたどり着けないと思うのでうまく操作して後ろから突っ込むと良いかもしれません。難しいですけど。

2の時代に貰った積荷で出るウーランは相手の探索者を探して殺せればもうけものですね。しっかり索敵をしましょう。
[PR]
by jinjin_jp | 2006-01-20 23:45 | コラム

大会

早朝にAOE3の大会に出てきました。
結果は1回勝って次で負け。上級トルコはキレがありますね。abusはちょっと強すぎと思います。。イェニチェリだけなら何とかなるんですけどね。

大会HP
トーナメント表

結果
1回戦
相手:Cermak
MAP:patagonia
リプレイ
戦評:相手はトルコ。デッキ確認をして速攻で来そうだったのでこちらも2の時代主体で行くことに。2ndカードを塔にして馬と弓を作る。中盤押されそうになるがうまく軍をひきつけて軍を全滅させる。そこからは押せ押せで勝ち。イェニチェリ主体だったので助かった。

2回戦
相手:Viper_
MAP:bayou
リプレイ
戦評:またまたトルコ。マップは速攻がしやすいbayou。デッキも速攻デッキだし1回戦と同じ戦法で行くことに。塔を建ててイェニチェリの1stアタックを追い返す。ただその後、abusを混ぜられてからは押されぎみに。うまく弾き打ちされ軍が減ったところで小屋を破壊され負け。どうにもとまらないですね。


やはりトルコが頭ひとつ抜けてる気がします。マップによっても文明を変えるくらいの戦術が必要かもしれませんね。これからスペインを練習しようと思います。
[PR]
by jinjin_jp | 2005-12-25 12:24 | コラム

マップによる戦術の切り替え

AOE3では多くのマップを楽しむことができ、それぞれ違った戦術を考えることが必要になる。文明の相性や海マップ、陸マップなど進化や軍の編成を換えるだろうが、最も影響が大きいのは原住民マップと呼ばれるマップでの戦術であると思う。

細かい説明は省くが、原住民マップとは原住民ユニットの性能が良く、さらに無料で原住民ユニットがもらえるカードで他のマップより多く原住民がもらえるマップです。で、これらのマップの時は積極的に原住民Rを狙うべきだと思います。こちらがやれば相手の原住民Rを妨害することができますしね。

で、私の経験上原住民Rをするべきマップは大体決まっていて、以下に挙げます。

MAP:Great lakes
原住民:Lakota

MAP:Great plains
原住民:Lakota、Comanche

MAP:Pampas
原住民:Inca、Tupi

MAP:Rockies
原住民:Lakota

MAP:Sonora
原住民:Aztec、Maya

MAP:Yukatan
原住民:Aztec、Maya

こうしてみると半分くらいのマップで原住民Rを考慮する必要がありそうですね。
マップによっては1つの原住民しかいなかったりしますが、大体上に上げた原住民は使えます。

で、原住民ユニット自体は一体一体それほど強いわけではないのですが、上のマップでは原住民カードの価値が非常に高くなります。だいたい1つの原住民の価値が資源100程度なので、10対以上無料でもらえればこの原住民無料カードが資源1000以上の価値になります。ユニットの特性も様々で、対応も難しいため、通常ユニットと混ぜて使えばトルコR以上の脅威となる可能性があります。

そうなると以下に交易所を原住民サイトに建てる&相手を妨害するかが鍵になります。これをやりやすい文明というのはいくつかありますね。この利点を利用しない手は無いと思います。

最近はこの原住民Rとそれ以外では即3というのがメイン戦術になっています。上級者でもこの原住民Rを止めるのは難しいと思いますよ。

vs flycat
[PR]
by jinjin_jp | 2005-12-22 17:53 | コラム

即3入門


戦術もこなれてきて強い戦術がいくつか確立されてきたが、最近多くなってきたと思うのが即3である。

即3のメリットとして

・傭兵の生産
・中心の増設
・砲撃兵器の生産

が可能になることが大きなものだと思う。
特に傭兵は2の時代のユニットでは対処できないほどの強さを誇るので、いったん出てしまうと簡単に逆転ということも多々ある。いわば核弾頭的なユニットだと思う。

中心の恩恵も大きい。町の人を早い段階でより多くそろえられるというのは大きい。特に中盤以降では内政力の差が勝負を分けるので早い段階で中心を増やすようにしたいものだ。

砲撃兵器は高いが、数がそろうととんでもない強さを発揮する。ユニットを選ばずに高い攻撃力、範囲攻撃を誇るので内政が安定してから量産するようにしたい。

さて、実用的に即3をするためにはできるだけ早く進化しないといけない。マップや資源の状況にもよるが、6分代後半~7分代前半くらいで3の時代に入らないと、2の時代の軍に攻め込まれて何もできずに終わってしまう。大概の文明はフルに内政を進化に傾ければこの時間に3の時代に入るのは可能であると思う。簡単にやり方を書いておく。

まず1の時代はひたすら食料を集める。町の人全員を食料に回し、1枚目のカードは農民カードを切るようにしている。2のボタンを押したら3人ほど金鉱に人をやる。2の時代に入るころに2枚目のカードを切れるはずなので金700カードを切る。人を増やしつつ金が出てきたら一気に採集して食料1200、金1000溜まったらボタンを押す。

これで進化はできると思う。3に入ってすぐ傭兵を出すなら人を金鉱に送る。戦士小屋を作って散兵の生産の準備をするのも良いだろう。戦術に合わせて農民を割り振ればよいと思う。

さて、即3をする上で怖いのは速攻である。特にトルコのラッシュや原住民ラッシュは早い段階で軍をそろえられるので傭兵や進化ボーナス軍が間に合わずにやられてしまうことが多い。明らかに速攻有利と思われる状況では即3をやめて2の時代戦った方が良いと思う。

その上で是非確認したいのが相手デッキの確認である。おそらくこちらも2の時代用デッキ、3の時代用デッキを持っているはずなので、1枚目のカードを切る前に相手のデッキを確認したい。明らかに相手が3、4の時代に多くカードを入れているならおそらく即3であろう。その場合は進化中に責められる可能性は低いので進化に集中すべきである。2の時代に多く資源カードを入れていたり、ユニットカードが多い場合は速攻を警戒してこちらも2のデッキで戦うのがいいと思う。この方法で大体は対処が可能だろう。

たまには即3をしていて速攻を食らってしまうこともあるだろう。このときも中途半端に2の時代で戦うようなことをせず、進化ボタンを押してから対処すべきだと思う(裏を書かれた時点で腹をくくるべき)。例えば4分に2の時代に入ったら小屋建設に30秒、兵生産に30秒、歩く時間数十秒で5分後半くらいに1stアタックが来るだろうか。何とか1分程度中心へ逃げるなり農民で撃つなりして時間を稼ぎたい。なんとか3の時代の進化ボーナスの軍が出るまで耐えよう。カードが使える状況なら、3の時代に入るのに合わせて軍隊を出したい。理想的には3の時代に入った瞬間に、進化ボーナス軍、カード軍、1分男がそろうのが理想的である。これで対処できないような速攻には潔く降参しましょうw。

とりあえず3の時代まで無傷で、相手が2の時代中心で進化をしているならこれは大きなアドバンテージだと思う。中心を増やし、傭兵を出せば非常に有利に戦えると思う。即3と速攻をうまく使い分けることができるようになれば戦略が大きく広がるだろう。

昨日、現在勝利数でNo1の7starという人と当たったが、トルコで即3をしてきた。こっちも即3で、かなり良い勝負だったが速攻を警戒していたらおそらく勝てなかっただろう。トルコは即3でも強いと思った。リプレイが無いのが残念だが。

vs 7star


ということで最近ドイツの即3を練習してます。他にいい戦術があったら教えてくださいね。
[PR]
by jinjin_jp | 2005-12-19 17:34 | コラム

強くなるために

今回はこのゲームで強くなるために必要な3つの要素を考えたいと思う。

まず1つ目は知識である。
これは文明の特徴からユニット、テクノロジー、カードのなどの知識、流行の戦術などである。これはいろんなHP を見たり、ゲームをこなしていくうちに身についていくだろう。知らなかった部分があると、いざその場面に遭遇したときにどうしたらよいかわからない。このゲームに関しては詳しい説明書や解説と言うものが無いので、自分で調べる努力をする必要がある。これまで500戦ほどゲームをしてきたが、未だに気が付くことはよくあるものである。

次に慣れ。
これはホットキーやマウスさばき、軍隊の操作など、ゲームをこなしていくうちに身に付くものである。この手のゲームではマウスさばきに加えてキーボードの操作が重要になるが、上級者の操作は普通の人が見たら尋常じゃないであろう。ちなみに私はホットキーはデフォルトのままでやってますが。

ここまで十分できて中級。これ以上に必要なものは何か。私は経験であると思う。

相手ユニットを一瞬見ただけで次の行動が浮かぶ、状況に応じたカードを切る、相手の戦術に合わせた軍の編成、内政が柔軟にこなせる人が上級と呼ばれる人だと思う。本当に強い人はこの経験と言う要素が秀でていると思う。これは長い間ゲームをこなして身についていくものだと思う。
[PR]
by jinjin_jp | 2005-12-17 23:20 | コラム

トルコラッシュが止まらない

トルコラッシュに連敗中。
他の文明相手ではほとんど負けることは無いですがトルコ速攻相手にはかなりの確率で負けている気がします。
どうしたものかなぁ。

リプレイなんか探してると上手に返しているリプレイもありますがいざやろうとするとうまく行きませんね。

塔+壁で守りを固めつつ3の時代に早めに行って散兵+馬がベターでしょうか。何かいい方法があったら教えてください
[PR]
by jinjin_jp | 2005-12-12 12:16 | コラム

H2H最強文明は?

そろそろAOE3も戦術が固まってきて強い文明、弱い文明もはっきりしてきましたがH2Hで最も強い文明はどこでしょうか。

公式HPを見てみると勝率ではトルコ、フランスが1歩抜けているような気がします。
スペインやイギリスはやや厳しいでしょうか。

ただやはり一番大きいのはプレイヤーによるところだと思うので一通り使ってみて私が思う文明の感想を書いてみようと思います。

まず速攻最強はトルコ。農民に食料が要らない、イェニチュリとAbus-gun、資源ボーナスなども大きく効いています。農民生産が遅いですがそれを補える2の時代初期の強さがあると思います。攻撃は最大の防御、戦ってXPを稼いで積荷を獲得→資源。これで大半のゲームを有利に戦えるでしょう。したがって速攻がしにくいマップ(海マップやTexas)などでは内政の面で不利になりやすいです。
AOE3の世界大会 A3CT Tournamentでも上位はほとんどトルコということで上級者から見てもその強さが際立っているのだと思います。

次にフランス。町の人が強く、能力も高いとの事で、内政面に問題はありません。早めに市場で町の人のテクノロジーを研究しておけば大概の速攻は対処できます。原住民Rをするもよし、弓やマスケットもいるので色んな戦術が可能でしょう。レベルが上がると散兵を2の時代で使えるカードがもらえたりします。2の時代で軍の出し合いになった時はかなり大きな効果があると思います。
傭兵も黒騎兵、イェーガーなどそろっており3や4の時代でも強いです。フランスで強い人はオールラウンドに強い人だと思います。

ドイツ。HPが低いが高い攻撃力と機動力を併せ持つUlhan騎兵を持っています。これを以下にうまく使えるかが鍵になると思いますね。マスケットを持たないので2の時代では弓とUlhanを組み合わせるのが良いでしょうか。また、傭兵がたくさん貰え、強いものもそろっているので即Ⅲもありだと思います。使い方によってはトルコやフランスと並んで強い文明だと思います。

オランダ、ポルトガルは守りの文明というイメージがありますが2の時代では散兵をうまく使うことが必要になってきます。散兵の引き撃ちができれば相手の軍を削り取ることができるでしょう。上級者の引き打ちは鮮やかです。

ロシア。私はあまり使っていませんが上級ロシア使いも結構いるようです。戦士小屋がそのまま塔になっているという一軒二役みたいな建物、単体では弱いが大量に生産できる歩兵、手ごろで強い馬などかなり攻撃に片寄った文明だと思います。癖があるので使い方にコツがいると思いますね。

イギリス。家を建てると人が一緒に出てくるという特殊な文明です。進化もこの特徴を生かしたものにしたいですね。H2Hでは速攻に弱いイメージがありますがチーム戦ではヨーマンを研究したロングボウは非常に強いです。

スペイン。フランスのようにバランスの取れたオールラウンドな文明だと思います。この文明を使うに当たってXP獲得が早いということを生かして積荷をうまく使って行きたいですね。上級者向きの文明でしょうか。

こんな感じのイメージを持っています。全体的にみてトルコの速攻が頭一つ抜けてるかなぁとか思っています。この辺修正が入れば色んな戦術が交錯して面白くなるかもしれませんね。
[PR]
by jinjin_jp | 2005-12-07 13:43 | コラム

AOE3大会

今日から明日にかけてAOE3の大会が開かれます。
まず日本ではAll-gamers.jp主催の日本大会が行われます。
#人参畑に来てくださっている方も何人か出られるようですね。がんばってほしいものです。

それから海外の大会も開かれます。
一応私はこちらに登録しています。ただ1回戦の開始時間が明日の朝の5時(日本時間)と言うことで、起きれたら出てみようと思います。トーナメント表も出てるようですね。どこまでいけるかな。

200人規模の大会で優勝するには7回くらい勝たないといけないのかな?ハードですね。

とりあえず起きるとこからがんばってきます。

大会ページ
http://age3ct.blogspot.com/

トーナメント表
http://www.bracketmaker.com/tlist.cfm?tid=131730
[PR]
by jinjin_jp | 2005-12-04 18:09 | コラム

傭兵のコストパフォーマンス

今回は傭兵のコストパフォーマンスを考えてみる。
Ⅲの時代で傭兵を作るにはカード1枚+金1200が必要である。
Ⅲの時代のカード1枚の価値はおおよそ資源1000程度なので傭兵カードは資源にして2200程度の価値があることになる。これを基準にして傭兵それぞれ一体辺りの価値を考えることができる。

私は最近ドイツとフランスを主に使っているので主に使う傭兵としてBlack riderとJaegerがあるがこれらはフランスでそれぞれ8体、12体与えられる(ドイツでは10体、14体だったか)。と、考えるとフランスにおけるBlack riderとJaegerの1体当たりの価値はそれぞれ資源275、資源183.33・・となる(ドイツでは220、157)。

フランス馬(Cuirassier)のコストが食料150+金150=資源300である。もしBlack riderとCuirassierが騎兵小屋で両方生産できたら私はBlack riderを作る。これはBlack riderのコストパフォーマンスが高いからである。同じように他の傭兵でも考えることができ、一般ユニットと比較すればよりコストパフォーマンスの高い軍隊を作ることができると思う。
[PR]
by jinjin_jp | 2005-11-30 12:53 | コラム

カードの価値を考える

カードは内政から軍事まで様々な種類がある。
これらを組み合わせて戦いを有利にしたいものだがよくよく見てみるとカードの中にも価値の高いもの、低いものがある。

わかりやすいのは軍隊カードでレベルが上がるとより多くの軍隊を得ることができる。デッキに入れるときはより多くの軍隊を得られるカードを選びたい。

ここでカードを資源に換算して考えてみよう。たとえばCrossbowman8体なら食料20+木60=資源80これが8体なので資源640の価値である。これは建物カードやテクノロジーカードでも同じことが言える。塔2本を建てるのは木500必要なので塔カードは資源500の価値である。これなら箱木600カードを切ったほうが価値が高かったりする(色々応用も効く)。

こう考えていくと価値の高いカードと言うのがだいぶ見えてくる。できるだけ価値の高いカードを選ぶのが勝利への近道だと思う。
[PR]
by jinjin_jp | 2005-11-30 00:11 | コラム