ポルトガルレビュー

さて、パッチがあたってからポルトガルをメインに使っていますがポルトガルを遣う上でのポイントを少し書いてみようと思います。

まずポルトガルの大きな特徴として

・進化ごとに中心ワゴンが無料でもらえる
・ユニークのカサドールが強力

というのがあります。これをどれだけうまく使えるかがポルトガルを使う上で重要になります。

一方、内政カードはそれほど充実しているわけではなく、農民カードが無いというのは1枚目に切るカードが良いものが無いのはつらいところでしょうか。ただ中心を進化すれば増やせるのでそれほど大きな影響は無いと思います。

ポルトガルで勝つには相手に対して圧倒的な内政差をつけることが重要です。内政差はすなわち農民の数です。相手の攻撃に耐えつつ農民を増やし、物量で相手をもみ消すというのが基本です。ファルコネットが無いので相手の建物を壊すのは槍兵が中心となります。よって中途半端な数では返り討ちにあうのがオチです。リミット一杯まで軍を貯めて突っ込むのが爽快です。

簡単な進化レヴューを書きます。

ゲームを開始したらまず探索者の固有アビリティの双眼鏡を使いましょう。探索者が1人なのでまず身の回りの資源を探すのが重要です。特に食料の群れの位置を把握しましょう。
1枚目のカードは切っていません。Ⅱの時代に一気に二枚使うようにしています。食料が800たまったら進化押し。おそらく町の人は14人程度でしょうか。進化ボーナスは食料500が良いかな。ここで金に7人ほど人を回します。

Ⅱに入ったら中心ワゴンを動物の群れ近くに立てます。とにかく食料を大量に使うので農民は食料を中心にとります。Ⅱの時代のカードはマスケットor弓→木700が良いでしょう。この軍は相手の荒らし用です。先手を取りにくい文明なのでこの時代に軽くジャブをしておくのが良いです。

おそらく金が1000たまるころにⅢボタンを押せるでしょう。進化ボーナスはAge up fastで。カサドール7でも良いですが戦士小屋で出せますから早く次の時代に入った方が私は良いなと思っています。7:00~7:30位でⅢの時代に入ることができます。木700カードで得た木で戦士小屋と家を建てます。

進化完了したら中心ワゴンをもうひとつの動物の群れへ。増える農民は基本的にみな食料です。最低中心で町の人を連続生産し続けるためには15人以上町の人を食料に回さないといけないので木切る暇はないです。木は基本的にカードで補給するように。

出す軍はカサドールが中心ですが馬に弱いのでマスケットを交互に出すと良いでしょう。カードでオルガン砲を出したらまず1stアタックです。相手にファルコネットが居ればほぼ互角。内政はこちらが勝っているはずですから相打ち覚悟で行っても良いでしょう。とりあえずここで相手の軍の状況を見ておきます。

町の人を生産し続けていれば資源がすごく過剰になってきます。生産小屋を増やして徐々に軍隊に槍を混ぜていきます。あとはひたすら溜めてリミット一杯になったら突っ込む感じです。歩兵はファルコネットに弱いのでファルコネットがたくさん居るようならこちらもカルヴァリン法を出しましょう。格段に使い勝手がよくなりましたからね。

こんな感じでしょうか。参考リプレイを掲示板に上げておきます。何十戦かやってみましたが内政ではほとんど負けないですね。大砲をたくさんそろえられて軍がたくさん死ぬと逆転されやすいです。無理な攻めは禁物です。

勝率的には8割くらいでしょうか。十分使えそうな文明ですよ。
[PR]
by jinjin_jp | 2006-03-05 13:05 | コラム


<< 即3にも色々ありますが パッチがあたりましたね。 >>