ドイツのカード「Ⅱの時代」

a0065480_22294828.jpg


Ⅱの時代からは一気に使えるカードが増えます。主にⅡの時代で戦うか即3を狙うかでカードの切り方が変わってくるでしょう。使えると思うカードを紹介します。

*Settler Wagon×3+ウーラン×2

これはかなり価値の高いカードです。町の人6人分ですからね。食料600+仕事量が上乗せされますから。3分資源を取らせれば資源箱の分も取り返せます。
ただ使いどころが難しいカードです。即3で切るとⅢに入るのが遅れるだろうしⅡで戦うのに最初に切ると先手を取られやすいです。これをうまく使える進化があれば試したいですけどね。即Ⅲでこのカード使って7分台に入れる進化ができたら使えそうです。

*資源カード(700)+ウーラン×2

即3なら新化用、Ⅱの時代軍を出すなら軍用、または新化用でしょうか。実際町の人で回収する必要があるのでその仕事量分価値はマイナスです。実質600ちょっと位でしょうか。急いで資源がほしいときに便利、即Ⅲの時に金700を切るのは一般的になってますね。資源価値を考えると、量は同じでも食料<金<木の順で価値が高いです。うまく使いたいですね。

*CrossBowman×8+ウーラン×2

資源価値的には(食料20+木60)×8で640程度でしょうか。守りにも攻めにも使えるカードです。即3してて速攻を食らったときに1分男とこのカードで大概のラッシュに耐えることができます。すぐにこれだけ軍を出せるのが魅力です。

*ドッペルソルジャー×3+ウーラン×2

資源価値(食料75+金125)×3で資源600。最強の近接歩兵ですが足が遅いです。特に建物を壊すときに混ざってると一気に建物が壊れます。中心を追い詰めたときに出したいですね。

*ウーラン×5

ウーランボーナスが含まれてるのでそれを除くと資源価値(食料50+金100)×3で資源450。価値的にちょっといまいちな感じがします。別のカードでもウーランはもらえるし。直ちに軍隊がほしいとき、足も速いので速く前線に送ることができます。体力少ないので使いどころが難しいですが。

*家人口upカード+ウーラン×2


ドイツ固有のカードかな。家の人口が10→30人にアップします。上限200にするには中心と合わせて20個分の家が必要。これが7個でカバーできます。つまりこの場合家13個分(木1300)得になります。ただ序盤は資源も少ないので案外効果は薄いかもしれません。だんだん効果が実感できるカードです。結構使えると思っています。

*塔ワゴン×2カード+ウーラン×2


資源価値木250×2で資源500.速攻対策によく使われますが木の資源箱呼んで建てた方が建設XPもらえるので得かもしれません。

*原住民無料カード+ウーラン×2


無料で原住民がもらえます。もらえる数は原住民によって違います。ラコタ、マヤ、アステカあたりが原住民のときはまず必須だと思います。やらなきゃやられるって感じになってます。資源価値はマップによって違いますが資源400~1200位変動します。原住民が強いって言うかこのカードの価値が異常に高くなったりするので原住民マップは普通にやってちゃ勝てないわけです。

*軍艦カード(キャラベル船×2、ガレオン船×1)+ウーラン×2


共に価値は資源800。海マップでは重要なカードです。陸がおろそかにならないように。

ドイツは常にウーランがボーナス(Ⅱの時代では2体)もらえます。これだけで資源300の得です。この得したウーランをうまく使いたいですね。
[PR]
by jinjin_jp | 2006-02-05 23:09 | コラム


<< ドイツのカード「Ⅲの時代」 ドイツのカード「Ⅰの時代」 >>